画像一覧
全姿
部分

紺玉帯 残欠

(こんぎょくのおび)

  • 分類:〈用途〉服飾品 〈技法〉皮革
  • 倉番:中倉 88
  • 寸法:現存長156 幅3.3 巡方縦3.1 横3.6 丸鞆縦2.3 横3.3
  • 材質・技法:革 黒漆塗  鉸具は銀製鍍金 巡方・丸靹・鉈尾はラピスラズリ 裏座・鋲は銀

紺玉すなわちラピスラズリで飾った革帯。革帯の裏側に銀の座を付け、方形や半円形のラピスラズリを表より銀の鋲で留める。螺鈿箱(中倉88)に収めた。